広島市〜江田島〜呉を巡ってきた

2017年2月上旬、急遽、広島に行ってきた。

大阪に用事があり行くことになっていたが、せっかく大阪まで出たのならさらに西の方へも行ってみようかとふと思い立った。
どこに行くか検討し四国や山陰の方とも迷ったが、映画「この世界の片隅に」にはまったことや聖地巡礼というものをやったことがなかったため、広島に行くことにした。
映画やアニメをそんなに観る方ではないし、こんなにハマる作品にこれまで出会ったこともなく、聖地巡礼を体験するなら今だと思った。

広島は3度目。
1度目は家族で、江田島に行ったがあまり記憶が残っていない。
2度めは青春18きっぷで行き、広島平和記念資料館や宮島など有名な所をまわった。

今回はこの世界の片隅に」の聖地巡礼をしつつ、江田島に再訪したりその他の場所に行ったりしてきた。

1日目

朝名古屋を出発し、昼前に大阪に着く。
夜まで滞在し、23:15発の夜行バスで広島へ。
ちなみに、名古屋〜広島直行便より名古屋〜大阪乗り継ぎ〜広島の方が料金が安くなった。

2日目

広島駅付近に7:40頃到着
広島市観光案内所はまだ開いてなかったため、広島駅の総合案内所みたいなところに行ったらロケ地マップをいただけた。
その後、自転車を借りるため駅最寄りの「ぴーすくる」に行ったが、まだ店舗は開いておらず、その場でスマホで会員登録しクレジットカード決済することで無人で借りることが出来た。

午前

ホテルはカプセルホテル CUBE 広島を予約しており、チェックイン前に荷物を預かっていただいた。

ホテルすぐそばにロケ地マップ記載の「胡子町カーブ」があったため、そこから巡礼スタート。

f:id:hjm:20170212003557j:plain
胡子町カーブ〜福屋百貨店(八丁堀交差点)〜紙屋町交差点と見て回る。

f:id:hjm:20170212003740j:plain

元・中国新聞本社がどれなのか分からなかった。
鯉城通りを下り白神社で参拝。

f:id:hjm:20170212004908j:plain

ここは通常の参拝でも神主さんが軽く祈祷?お祓い?をしてくれるようだ。
また大きな通り沿いということもあるのか、通勤途中の方々が次々と参拝していくのが印象的だった。

鯉城通りを北に戻り中島本町のあたりへ。

f:id:hjm:20170212005157j:plain

ここはロケ地マップ片面の2分の1を割いて描かれているため見ごたえがあると思いきや、原爆ドームがある付近の中洲で当然当時の町並みはほぼ跡形もなくなっていた。
すずさんが子どもの頃におつかいに行ってた場所は原爆ドーム付近で、しかも繁華街だったとは。以前に広島に来たときも原爆ドーム付近へは訪れてたが、繁華街だったとは全く気づかなかった。

f:id:hjm:20170212005245j:plain

唯一(だと思う)残っているのが大正屋呉服店の建物で、現在はお土産が置いてあったりするレストハウスになっている。

f:id:hjm:20170212005331j:plain

中島本町原爆ドーム付近)を一通りまわった後、相生橋を渡り南下した。
夕凪の街 桜の国」もコミックを読んだのだが午後から江田島に行こうと思っていたため、時間の都合上、北の方へは行かなかった。
住吉橋、舟入本町駅を見る。
そして、すずさんの実家のある江波方面へ。

f:id:hjm:20170212005426j:plain

江波港、松下商店、丸子山不動院、海新宮をまわった。

f:id:hjm:20170212005501j:plain

f:id:hjm:20170212005534j:plain

江波山や皿山公園に行くのは諦めた。
その後、川沿いの道を北上した。

午後

江田島海上自衛隊第一術科学校に見学に行くため宇品港へ。

ただ宇品港についてから「舞台めぐり」というスマホアプリの存在を思い出した。指定のスポットでこのアプリを使うとすずさんと一緒に撮影できる。(↑のすずさんが写ってる写真はこの時点より後で撮影したもの)
先ほどまわった松下商店が該当のスポットだったため、すずさんと撮影するために片道30分くらいかけて戻る。撮影後すぐまた宇品港へ。松下商店だけは場所的にもう来れないと思ったため。他のスポットは2日目に行くことに。

江田島の学校だが、ここはかなり前に家族と広島に来たときにも訪れた。

f:id:hjm:20170212005820j:plain

当時10代だったが、特攻隊員の遺書が展示してありそれが印象的で、今読んだらどのような感想になるのか確認したかった。
見学は案内役の方と一緒に校内を1時間半でまわる。
平日は3回、土日祝は4回実施される。
家族で来たときは時間に区切りはなく自由に見学できたような気もするが、記憶が定かでない。

今回、最終の3回目に行ったが自分一人だった。また名簿リストに誰も記入してなかったため当日は自分しか見学に来てなかったかもしれない。

最初に学校内のいくつかの施設や設置物の説明があり、その後教育参考館を自由見学。

教育参考館を見られる時間は30〜40分だが、ちゃんと見ようとすると全部まわるのは到底ムリなので特攻隊員の遺書がある所だけをしっかり見た。
今読んだ感想は、ほかの場所でも何度も読んできたため大きな心の動きはないが、やはりなんとも言えない気分になるのは変わらない。
あと案内係の方から伺って知ったのは、特攻は上層部の命令のみではなく若い人たちが戦争を終わらせるため、また他に選択肢がなかったため家族や日本のために自ら選んだ方法ということ。
見学後にレストランで海軍カレーを食べて、おみやけを買って学校を出る。

f:id:hjm:20170212005916j:plain

広島市内へ戻る。
13:14のフェリーで江田島へ行き、広島市市内(宇品港)に戻ったのが18時頃。

滞在中に食べようと思ってた「うえの」のあなご飯を三越で購入しホテルで食す。

f:id:hjm:20170212012449j:plain

弁当として外に持ち出す用だと思うので温めなくてもよいものだと思うけど、温めて食べたかったかも。

その後は自転車を近くのぴーすくるのサイクルポートに返却して朝までホテル。

3日目

6時半ごろにホテルをチェックアウトし、広島城内にある護国神社スマホアプリ「舞台めぐり」の残りの撮影スポットを回り、その後呉へ。朝9時頃には呉駅にいたと思う。
広島から呉までは乗る電車により30分〜1時間くらい。
呉駅のロッカーで荷物を預け、バスで辰川バス停まで。

f:id:hjm:20170212010111j:plain

ここから呉の聖地巡礼スタート。
坂道を下りながら聖地を訪れた。

途中れんが通り付近の巴屋でアイスクリンを買い食いしたり、多幸膳で呉焼きを昼食にいただいたり。

f:id:hjm:20170208104337j:plain

f:id:hjm:20170208111941j:plain

三河屋珈琲というカフェで少し休憩後、巡礼再開。

途中、「歴史の見える丘」や、のんさん写真集表紙の場所に行ったり。

f:id:hjm:20170208134042j:plain

やはり一番感慨深かったのは、病院の帰りにすずさんと晴美さんが防空壕に入れてもらったり軍艦を見に行こうとしたあたり。情景の名残はほんのり残ってる程度だが、このあたりを実際に歩けたのはほんと良かった。

f:id:hjm:20170208133251j:plain

呉市ロケ地マップの右半分、二河公園、海軍第一上陸場以外はほぼまわったと思う。
三ツ蔵、病院前の階段、下士官集会所は割と映画に出て来るままのものが見られて感動。

f:id:hjm:20170212011746j:plain

f:id:hjm:20170208130047j:plain

f:id:hjm:20170212010751j:plain

それ以外は名残がほとんどない場所も多かった。

その後、歩いて「アレイからすこじま」へ。

f:id:hjm:20170208142438j:plain

潜水艦を間近で見ることができるとのことだったが、思ってたより遠かった。

次にバスで「巡洋艦青葉終焉之地」へ。

f:id:hjm:20170208144648j:plain

ここは他のスポットとは離れているし道路沿いに石碑が立ってるだけなので、思い入れがないとちょっとあれかも。

音戸の瀬戸まで行きたかったが時間を考えて呉駅へバスで戻る。

ちなみに呉のバスだからか運転手によるのか分からないが席に座ってスマホいじってても注意されるのでバス内では調べ物はできない。

呉駅から大和ミュージアムへ。
割とじっくりめに鑑賞。
記憶違いがあるかもだけど、大体次のようなことが書いてあったと思う。

ペリー来航により西洋に比べ日本の軍事技術が衰ってることを知り焦って軍事技術を発展させなければと、船の開発技術推進に注力したと。
それが呉で進められ、大和も開発された。大和は西洋の量の開発と比較し、質のものだと。あらゆる面で完成度の高い船だったらしい。
そして呉の町も景気が良くなる。
最初は調子良かったが終戦前あたりは既に船より飛行機の時代に突入していた。
終戦後、軍需が不要となり軍需産業でもっていた呉は失業者であふれた。しかし朝鮮戦争でまた軍需拡大し景気が良くなってきた。

展示内容は戦争体験者の談話の動画や、回天やゼロ戦やミサイルの実物か模型か分からないがそういうものがあったり、その他も大変充実していると思った。

f:id:hjm:20170208155206j:plain

f:id:hjm:20170208165259j:plain

1Fでトビキリ本舗の大和ラムネを買って野外のベンチで船をみながら飲む。この頃から小雨がぱらつく。

f:id:hjm:20170208171335j:plain

17時半頃に大和ミュージアムを出て、福住のフライケーキを買うためだけにれんがどおりまでまた行き、2つ買い、1つだけ川沿いで食べて呉駅にもどる。
フライケーキは中にこしあんが入ってて表面に衣がついている。

f:id:hjm:20170208175545j:plain

最初洋風のものを想像してたので意外だった。

呉を19時頃出て広島市内へ。

広島市内へ戻り、広島駅構内のみっちゃんでお好み焼きを食べる。

f:id:hjm:20170208202921j:plain

帰りの夜行バスの時間まで少しあったので繁華街に行こうと思ったが、熱があるようだし足がもう限界で歩くのもままならないくらいになってたのでネカフェに行き横になって休憩した。

時間になったらバスで家に帰った。